介護(福祉)施設について

  1. なぜ必要?サ高住へのご入居までの経緯3選

    サービス付き高齢者向け住宅への実際の住居経緯をご紹介いたします。ご家庭の事情により様々なパターンが存在しますが皆様に共通する部分は「安心」です。サービス付き高齢者向け住宅は自由と安心を兼ね備えます。

  2. サ高住入居の際の持ち家について

    サービス付き高齢者向け住宅に入居する際、所有している持ち家はどうするのが一番良いのでしょうか。サービス付き高齢者向け住宅への入居以外にも親が病気になったり、老人ホームなどその他施設に入居する際、持ち家が空き家状態になってしまうというケースが少なくありません。

  3. 介護保険制度の簡単早わかり解説

    40歳になれば、誰もが加入しなければならない介護保険、何も知らないより詳しく知っていれば必要なときに介護保険を十分に活用できます。また、遠方にいる両親を介護するさいにも介護保険を熟知していれば早め、早めの対策ができます。

  4. 介護施設への入居を嫌がる親との効果的なコミュニケーション

    高齢の親を介護のために施設に入居をすすめることは、すんなりと親が入居に同意しないことが多く、説得方法に悩んでいる人が多くいます。この問題に対してこうすれば必ずうまくいくという魔法のような対策はありません。人の性格や考えは多種多様で人によってすべて異なるからです。

  5. 育児と介護のダブルケア、その現状と課題

    「ダブルケア」という用語はまだ一般的に広く知られていません。しかし、今後「老老介護」「認認介護」など介護を取り巻くさまざまな問題の1つとして大きな問題となっていくことが懸念されています。

  6. サービス付き高齢者住宅を上手に選ぶための20のチェックポイント

    内閣府の国民生活に関する世論調査によると子どもと別居、または近所に別居を希望するする高齢者は約8割にも達しています。一方、子どもとの同居を希望する高齢者は4分の1以下で、高齢者自身が子どもとの同居を避けてます。

  7. サ高住と在宅療養支援診療所の関係とは

    サ高住(サービス付き高齢者向け住宅)では、生活支援や安否確認のサービスが受けられます。また、サ高住の特定施設では、これらに加えて介護サービスが受けられます。しかし、医療サービスは受けられません。

  8. サービス付き高齢者向け住宅の特定施設とは?

    少子高齢化が進むなか、両親などの高齢者の介護をどうすべきかが多くの人に大きな課題になっています。また介護をする側だけでなく、自分自身が高齢になったときの生活をどうすべきか、子どもに世話をしてもらうことが期待できなくなっているだけに考えておかねばらない問題です。

  9. 高齢者とペットのステキな関係、そのメリット・デメリット

    高齢者がイヌやネコなどのペットと一緒に生活することは、ストレスを解消する癒やし効果や認知症の予防、健康増進、孤独感の回避、運動不足の解消などのさまざまなメリットが得られステキな関係をたもてます。しかし一方で、近隣からの苦情、高齢で世話ができなくなる、行動が制限されるなどのデメリットもあります。

  10. 効果的な認知症ケアの海外事例のまとめ

    認知症は根本療法がなく認知症患者に対するケアをどうするかは、日本だけでなく世界各国で大きな課題となっています。ケアに関して「こうすれば良い」という絶対的な方法はなく日々試行錯誤が続けられています。

ページ上部へ戻る